LINK

カードを使用取りやめにすることそれ自体は非常に簡単なのだが、解約する手続きを行う前に知っておきたい事柄などについても覚えておくと、クレカの無効化についてもスムーズに進めることが出来るようになるに違いありません。FXねずみ小僧(次郎吉)のトレードブログ

列挙して記してみました故実際に解約申請をする際に気をつけて役立ててください。

カード申請直後特別の事情無く間髪入れず契約失効してしまうのはやってはいけない→カード会社届け出したのちいきなり当のクレカを使用取りやめにを行った場合契約すべきでない人間などとクレジット会社によって認定されるというアクシデントがあり得ます(例えばしょっちゅう手続き、解約という作業をしてしまったケース)。

実際に入会優待サービスを狙った契約のケースではプリペイドカードもしくは各種特典というような登録した時の特典を手に入れた瞬間即座に登録解除の作業をしたくなる思いも納得できます。

そうは言っても、クレジット取扱会社側の思考法を基準にして推察するとそういった客には自社ブランドによるクレカを使って余計なコストを増やしたくないと言う風に結論を出すのは怒ることはできないでしょう。

万が一申請時のプレゼントに目がくらんでクレジットカードを登録したとしても、間髪入れず失効実行せず180日、可能であれば登録後365日以上はそのクレカそのものは使用可能な状態にして契約解除の電話はその後で行うことを推奨したい。

あるいは入会時のサービス・ポイントということのみに終わったことではなくとりあえず手続きをして手に入れてはみたが使わないので早く契約を解除したい・・・というように考えてしまう時においてもまず発行してから半年経つ間は届いたクレカを所有するようにしておいてください。

申請するサイドが何となく思っている以上にカードを確認作業等を含めて交付する際にかかる経費というものは避けられないものですのでほんの気持ち程度のゆとりを与えてあげよう・・・というふうに思いやって頂けるとお互い悪い気分にはならないと考えれます。