LINK

クルマの損害保険には、読者の方ももうご存知かとは思いますが等級という略称で知られる制度があるのです。

略さずに言うとノンフリート等級別料率制度といわれ、保険料金にかなり甚大に関わっています。

等級においては、自動車の保険を利用している人のフェアな料金設定を可能な限り保つことを主眼とするため、トラブルを生じさせる可能性または、自動車保険を用いられる現実味がより大きければ大きいと認められるほど月額の掛金が高額になります。

一方でトラブルを生じさせてしまう確率がより少なく自動車の損害保険を適用される確率は低いだろうと考えられる人に関しては優良保険利用者であるだろうとみなされ、保険の料金がぐっと押えられます。

安全にマイカーを運転するドライバーの方のほうが有利なシステムなので、トラブルを生じさせてしまいやすい利用者には多少デメリットのある制度であると考えられます。

等級というものは、優秀な被保険者と事故のリスクがより高いドライバーの保険の掛け金が同じ金額だと割高な金額を払わされていると思う方が多数であるため自動車保険側にとっても経営上のリスクを押えるために必要なシステムだといえます。

では、等級というシステムが詳細にはどういった仕組みなのか簡潔に明らかにしようと思います。

最初に等級というものには1等級より20等級まであり、被保険者の等級が増加すると次第に保険料金が低廉になるシステムになっていることを押えましょう。

続いて1等級?3等級に関しては引き下げられず反対に値上がりし、トラブルを生じさせてしまい、車の損害保険を適用してしまうと3等級下がってしまいより一層負担が増えた自動車損害保険を払うことになるのです。

そして、まったく新しく自動車の損害保険に入る場合においては6等級よりのスタートとなり、そこから自分の数が低くなるのか上がるのかは運転者次第です。

そのため月々の掛金を安くしたい方は、自動車事故を防ぐために日々安全運転に留意するのがまずは一番大事です。