LINK

マイカーの売却額査定ポイントとして重要視されるものに走行距離が挙げられます。

多くの場合走行距離というのはその車の耐用年数と見られる場合もありますので走行距離が長い分だけ、売却額査定の際にはマイナス要因になるでしょう。

走行距離だけで見れば短いほうが自動車見積額は増えますが実際のところほとんど詳しいベースラインはないため一定の基準で査定額が算出されます。

こうしたことは実際自動車を中古車買取専門業者で査定に出す際も重要視される見積査定の大きなポイントなのです。

例えば、普通車では年間走行距離10000kmで線を引いてこの走行距離を超えて走っていると多くの場合査定がマイナスとなります。

軽自動車の場合、年間で8千kmがまた年数の割には走行距離が相当小さいケースでも、査定額が高くなるというわけでもありません。

実際にやってみたらたいへんよく感じられると思いますが、車は定期的に乗ってあげることで状態を維持できるものなので年式の割に走行距離が短い中古車ですと故障を起こしやすいと判断される場合もあります。

これは自動車も一緒です。

年式・走行距離に関しての買取査定の要点は、保有年数にたいして適正な走行距離かどうかというところです。

それから車の経過年数も、自動車売却額査定のポイントです。

十分理解しているというような人もたくさんいるだと思いますが、普通は年式が新しいほど査定をする上で優位なのですがごく稀にそのシリーズにプレミアが付いている車は、古い年式の場合でもプラスに見積してもらえるケースがあります。

同様の車種で同様の年式であってもちょうどその年にマイナーチェンジやモデルチェンジがされているケースはもちろん、それぞれの仕様次第で査定は変わります。

同様の車の売却額と言っても色々な要因で車の評価は多少変化してきます。