LINK
借入についての返済内容というものは企業によって相当相違というものがありまして、いろいなやり方がとられております。基本的なところではスライド法やリボルディング払い方式が選択されているみたいです。そしてこういう誰しも知ってるリボルディング払いでも実は勘定方式にはいろいな形式といったものがあったりします。ゆえにそういう形式により返済トータルが異なってしまいますので知っていて損することはないはずです。それでは易しくそれぞれのやりようの違いを説明します。ひとつは元金均等払いで、もう一つは元利均等払いです。両者はその名を冠する通り元金について均分に支払っていくのと、元金と利率に関して合わせて均等に返済していく方式になります。今回のケースではもしや10万円を借りたというようにどのような勘定をするのかやってみましょう。利分はどっちも15%というように試算します。それとリボルディング払の支払額を1万円と設定して算定します。ともかく元金均等払いのほうからです。この折の1回目の引き落しは1万円へ利子分1250円を加えた金額になります。2回目の返済については1万円に利子の1125円を足した引き落とし金額へとなるのです。こういうふうにして全部で10回で支払いを終わらせると言う手法になります。これに対して元利均等払いというものは初回の支払に関しては1万円で元金に8750円、利息に1250円という感じで割り振るのです。その次の引き落しに関しては元本が8750円へと減った状態にて利息を算定し、1万円から再度割り振ります。別のことばで言えば元利均等払いの場合では10回で引き落しが完済しない勘定になってしまうのです。これだけのギャップで二者がどれほど変わっているのかが十分に理解してもらえたと思います。元利均等というものは元金均等に比肩して顕然と元が縮小するのが緩慢と言うウイークポイントというものがあったりします。つまり利子というものを余分に出すという状態になってしまうのです。他方初回の引き落しが少額で済んでしまったと言うメリットも存在するのです。こうした引き落し手法のギャップにより、返済総額というのが相異なってきますから自身の好みに合う計画を採用するようにしてみてください。