LINK
現金化を目的として電車の旅券の類を決済してしまう→クレジット現金化というもの使用しないで自ら現金化する目的でクレカ購入をすることでも同じ事と言えます。お金に変える方法を意図しているクレジットの決済については、クレジットのルール違反扱いになってしまうことからです。必要以上の新幹線の乗車チケットや切手販売などでのクレジットカード利用については、運が悪いと現金化する目的ではないか?などと睨まれる可能性などがあり得るため注意が必須ですまた、使用時点においてキャシング額が上限となってしまっているクレカのケースでは、回数券を購買しようとするだけでもカードの発行会社の担当者から確認の電話が来てしまう場合があるので金欠時の決済はさせないようになると考えられます。経済的に余裕が無い場合において考えるものは大抵の場合、同じようなものであるのです。クレジットカードの発行会社にとって芳しくない利用の仕方をしてしまう●だいぶ前に話題に上がった『永久不滅』のような、クレジットカード会社にとって一つもメリットとなることのない違反した利用方法をしてしまうと、カードの発行会社側から失効という扱いになる話というのも存在します。インターネット上で噂になったカードポイントの不正な入手というような一般に知れ渡っていないやり方というものが存在していてもこれらの行為というものはクレジット会社の規定に反することとなるので使用しないようにしてください。強制没収の個人情報については他のカード会社へ知られる)カードを失効させられてもその他のクレジットカードについては使用できるのであるから1枚なら大したことないのではないか?と考える人、この情報化社会ではその思考が信用を消失する危険性があります。それは、そもそも強制没収させられるような状態となると、クレジットカード各社が入手出来てしまう個人情報というものに事故個人情報が上書きされるために契約者の信用力というものがガタ落ちとなることもあるからです。たった1枚であっても失効させられると、それ以降クレカでも契約できなくなるし場合によっては他に有しているクレカまで没収させられる場合もあるのです。強制退会とならずに継続して使用できる場合も使用期限満了と同時に自動退会となると思われる。兎にも角にもくどくど述べていますが強制没収となる使用はどんな理由があってもなさることのないように、規約に則ってクレジットを使って頂きたいと思っています。